自律神経作動薬 ゴロ

薬理学 ゴロ
自律神経作動薬

コリン作動薬、抗コリン作動薬まとめ

✩直接型コリン作動薬:チョコ、アクベタベタで疲労
(直接型コリン作動薬:アクラトニウム、ベタネコール、ピロカルピン)

✩可逆的ChE阻害薬:エステラのネジピーに会えど産む
(ChE阻害薬:ネオスチグミン、ピリドスチグミン、アンベノニウム、エドロホニウム)

✩ベラドンナアルカロイド:ベラドンナ!アトピーすご!
(ベラドンナアルカロイド:アトロピン、スコポラミン)

✩脱分極性筋弛緩薬:筋弛緩好きさ
(脱分極性筋弛緩薬:スキサメトニウム)

✩抗ムスカリン薬:こう(やって)蒸すトリヒレぶちる異父らの跡すご!
(抗ムスカリン薬:トリヘキシフェニジルー中枢性、ピレンゼピンーM1、イプラトロピウムーM3、アトロピンーM1~M            3、スコポラミンM1~M3)

アドレナリン作動薬まとめ

✩α1受容体刺激薬:会わなフミとリン(α1刺激薬ーナファゾリン、フェニレフリン、ミドドリン)

✩β1受容体刺激薬:ベタはドブ見ん(β1刺激薬ードブタミン)

✩β2受容体刺激薬:ベンツで去るプロと釣り(β2受容体刺激薬:サルブタモール、プロカテロール、ツリブテロール)

✩β3受容体刺激薬:ブサイクみろ(β3受容体刺激薬:ミラベグロン)

✩混合型アドレナリン作動薬:混合F丼(混合型アドレナリン作動薬:エフェドリン、ドパミン)

✩間接型アドレナリン作動薬:缶にアメとタン(間接型アドレナリン作動薬:アメジニウム、メタンフェタミン)

抗アドレナリン薬まとめ

✩非選択的α受容体遮断薬:褐色の笛とってみん?(褐色細胞腫:フェントラミン)

✩選択的α1遮断薬:淡路のブナ時に寺裏のプラザでタムロ素人な太P信じる
(α1遮断薬:ブナゾシン、ドキサゾシン、テラゾシン、ウラビジル、プラゾシン、タムスロシン、シロドシン、ナフ
トピジル)

✩非選択的β遮断薬:非ベタな社団のプロプランで勝ちモロ
(非選択的β遮断薬、プロプラロール、カルテオロール、チモロール)

✩β1遮断薬:琵琶師宛の秘蔵は目とラジオ
(β1遮断薬:ビソプロロール、メトプロロール、ランジオロール)

✩αβ遮断薬:阿部仕上がるラベル
(αβ遮断薬:アロチノロール、カルベジロール、ラベタロール)

このゴロが気に入られたかたは、他のゴロも見ていってください。

この記事を読んだ方へのオススメの記事CBTで効率よく9割とりたいならmedu4がオススメ
ぜひtwitterでフォローお願いします