医学部に入学させたら実質いくらくらいかかるの?

「やっぱり裕福な家庭しか医学部には行かせられないんだろうか・・・・。」「6年間で1億以上かかるって聞いたけど・・・・」「教科書とか高いんじゃ・・・・」

このように医学部にかかる実質の費用についての憶測が世間一般で飛び交っているが、実際のところいくらくらいかかるのか?また、他の学部とどう違うのか。本記事では、現役医学生の私が実際のかかっている費用と他の学部との違いについて考察していきたいと思う。

1.国公立の医学部の場合、1年間の学費は他学部と同じである。

学費について誤解が多いようなので先に述べておくが、基本的に国公立大学の学費は学部に関係なく、1年間で53万5千 8百円という厚生労働省の標準額に基づいた金額に設定されている。基づいたという表現を使ったが、すべての国公立大学医学部において、この金額だと思っていただいて構わない。初年度に関してだけ、これに加えて、入学金などが28万円ほどかかる

ただし、公立大学の場合は、県内学生と県外学生とで入学金が異なる場合がある。たとえば、和歌山県立医科大学の場合、県内生の入学金は282,000円、県外生の入学金は752,000円とな50万円近く差がある。しかし、授業料は同額の535,800円だ。※引用http://www.wakayama-med.ac.jp/nyushi/gakuhi/jyugyouryou.html

これに関する是非は別として、一部の公立大学は別として、基本的に1年間にかかる費用は初年度を除いて535,800円だということだ。つまり、6年間で入学金も含めて3494800円ということになる。先ほど、他の学部と学費は同じと述べたが、医学部は6年間あるため、1年間の学費は同じでも、入学から卒業までの視野で見た場合、学費は100万円ほど高くなる。

2.教科書代は多い年でも10万円もかからない

基本的に1年生の時は、教養課程であるため専門書の購入は必要なく、教科書も安い。また、1年生の教科書は1年生の時にしか使わないため、先輩から代々伝わる教科書をつかうことになることが多い。

購入する場合を課程してとしても、教科書代は1冊3000円ほどで5冊購入したとしても1万5千円ほどである。1年生の間は、それほど問題にはならない。

問題は2年生からである。ここでも何冊かは先輩からもらえるのだが、標準生理学などの医師になってからも使えるような教科書は先輩もなかなかくれない。専門書はちなみに安いもので5千円ほど、高いもので2万円くらいする。

私はブログで教科書を紹介するくらいだから、どちらかというと教科書の所持数は多いほうであるが、図書館なども利用してなんだかんだで、1年間にかかる教科書の費用は8万円~10万円ほどである。普通の人は教科書をそんなにたくさん買わないので、7万前後が多いと認識している。

このあたりはどれくらい勉強を熱心にするかという点にもかかわってくる。実際、医学部の知識というのはネットで調べて簡単にでてくるような生易しいものではない。下手したら教科書や図書館で調べてもでてこなくて、英語で論文検索をしたりもするくらい難しい問題も表れる。そんななかで、いちいち図書館にいって調べにいっていたのでは、効率が悪すぎる。節約すべきところは節約すべきだが、学生時代に得た知識は医師になってからも生きると思うので、教科書でけちるくらいならほかのところを節約したいところだ。

3.意外とかかるのが交際費

「交際費とか他の学部と同じじゃ・・・・」と思う人が多いだろう。しかし、医学生の場合、3年生くらいになると、勉強が忙しいためバイトをする暇がなくなってくる。また、周りの学生の所得レベルが高いためアルバイトをしている人が圧倒的に少ない。そうなると、バイトをしないのが普通になってしまうのだ。

しかし、部活などは一生の医師の友をつくったり、テスト情報を得るためなどさまざまな目的により入ることになる。部活ではもちろん遠征費などを含め費用がかかるし、なにせ先輩になると後輩に奢る必要が出てくる。しかし、先輩になれば先輩になるほど勉強が忙しくなるため、バイトでの費用は少なくなる。つまり、医学部では収入の少ない先輩が収入の多い後輩に奢るという矛盾が生じているのだ。

また、遠征費について詳しく述べると、医学部の対外試合というのは基本的に、医学部と行われる。医学部は東京など主要都市を除いて、1都道府県に一つしかないため、ほかの大学と練習試合となると県をまたぐ必要があるため、普通の学部よりもはるかに遠征費がかかる

普通の学部の大学生というと、自分の交際費は自分で稼ぐというところが多いだろう。全額でなくても周りのほとんどがバイトをしているため、部活にかける時間というものがそもそも短いし、その分かける費用も少ない。そもそも、相対的にみて一生続くような先輩後輩関係というものが医学部に比べて少ないので、師弟関係の重要性もどうしても低くなってくる。

このように、医学部の場合、部活>>>>バイトという関係がなりたっており、しかも周りもお金もちが多いため、どうしても交際費につかうお金が多くなってしまう。一緒にご飯にいって同級生が後輩におごっているのに、自分だけ奢らないというのは難しいだろう。

また、地方国立大学の場合、そもそも働き口が少ない。家庭教師なども都会の医学生ならば時給3000円くらいがほとんどであろうが、田舎の場合2000円あれば上等で、ほかのアルバイトでの時給は800円ほどである。忙しい勉強時間を削って時給800円で働こうとする医学生は少ないのが現状である。

ちなみに、私の場合少ない月で2万円ほど、多い月で6万円ほど部活などにお金がかかっている。西医体などの開催場所によっては、相当な距離を移動しなければならないので、どうしてもそれくらいはかかえってしまうのだ。

3.iPadなどを買えばもっとかかる

医学生のおそらく半分以上がもっているであろうiPad。こんなもの必要ない贅沢品だと思っている親御さんも多いことだろう。

しかし、医学生は1日に持っていかなくてはならない教科書の量が尋常ではない。すべて持っていこうとすれば教科書の重さだけで10kgは優に超えてしまうことが多々ある。

また、過去問なども、いちいち全部印刷していてはキリがない。教科によってはiPadで見るだけというものもあるだろう。

そもそも、学校の授業の資料自体がiPadで配布されることが多くあるし、医師になってからもiPadをつかうことになるだろう。時間のある学生のうちになれておくのは大切なことである。

ちなみに、iPadは8万円ほどする。しかし、一度買えば3,4年くらいはもつので、毎年必要といったものではない。もし、余裕があるなら是非買ってあげたい一品である。

医学部受験の総合的研究3訂版 [ 岩嶋宏恭 ]

価格:2,916円
(2016/12/3 09:16時点)
感想(0件)